中古パソコン初心者にアドバイス

中古パソコンを買うなら押さえておきたいポイント
Home » iphone修理について②

iphone修理について②

iphone修理について①で記載しましたがAppleStoreでの修理以外に正規サービスプロバイダ持込やエクスプレス交換サービスやオンライン修理交換サービス依頼、電話口での修理交換サービス依頼など正規の修理方法で有れば5つほど方法があります。それぞれ基本的な修理内容は変わりませんが修理が終わるまでの時間の違いや料金の支払い方法などに違いがあります。

 

全国の正規サービスプロバイダ各店に持込修理交換を依頼する場合は現金支払、クレジット決済が可能です。但し代理店なので通常料金以外に別途料金を請求される場合があります。ただし、Apple Storeとは違い、来店予約無しで飛び込みでも随時対応してくれる場合や、飛び込みで修理出来ない場合もありますが電話で在庫を確保してもらえる場合もあり良い意味で融通が利く事があります。Apple認定修理技術資格者が在籍する店舗である必要があるのでNETで正規サービスプロバイダ各店に持ち込む場合は必ず確認してみてください。

 

電話窓口での修理交換受付をする場合は代金引換、クレジット決済(一部クレジット会社、決済手数料無料)が可能です。オンライン修理交換サービスと全く同じ内容ですがNETから申し込むか、電話で申し込むかだけの違いです。しかしNET上の説明だけでは心配な人には、詳しく話が聞ける電話窓口の方がいいと思います。

 

オンライン修理交換サービスも代金引換、クレジット決済(一部クレジット会社、決済手数料無料)Appleの公式サイトのサポートページから修理交換を申し込む方法で、24時間対応で修理交換依頼がNET上から出来て自宅まで提携集配業者クロネコヤマトが指定日指定時間帯に引き取りに来てくれる、返却もヤマトが担当するとの事です。送料無料。有償修理の際の代引手数料、クレジット決済手数料も無料との事でした。ですのでNETでの手続きになれている人ならオススメです。

エクスプレス交換サービスに依頼する場合は多少特殊になります。申込はAppleテクニカルサポート窓口でのみ受付できます。料金支払はクレジット決済のみとなっていますのでクレジットを持っていない人は受付できません。ただし店舗に行く時間が無い人や、近くにApple Storeも代理店も無いが早く修理してほしいと言った人には最適です。ただ通常の料金とは別に特別配送手配料が3400円掛かります。ただ通常配送修理サービスで約1週間程度かかる日数を半分以下の2~3営業日に短縮し交換機(初期化済Iphone)をお客さんに先渡しして、バックアップの当て込み等必要作業が完了したら配送業者ヤマトを通じてAppleに故障した端末を返却というのが、このエクスプレス交換サービスですのですぐに使えると言う事を考えると一番いいのではないでしょうか。

 

 

 

Leave a Reply