中古パソコン初心者にアドバイス

中古パソコンを買うなら押さえておきたいポイント
Home » iphone修理について①

iphone修理について①

iphoneの修理については注意することが沢山あります。例えば、もう経験済みの方も多いと思いますが携帯ショップにもって行っても修理が出来ない!など、落とし穴が沢山です。

 

まず初めに修理に出す前に、日ごろから、壊れる前にしておかないといけない事があります。それはバックアップの保存です。修理されて返ってきた物は基本的には初期化された状態になっています。大事なデータを残す為に日ごろからこまめにバックアップの保存をオススメします。

そして修理に必要なのがiphoneのシリアルNo製造番号です。これは電源が入った状態で「設定」アプリ⇒「一般」⇒「情報」に書いてあります。電源の入るうちに控えておくのが良いでしょう。

電化製品はいつ何時壊れるかわかりません。壊れる前に準備しておくことは大切です。

 

それでは修理方法について記載していきます。

いくつか修理に出す方法がありますがまず一般的な物はAppleのコールセンターに電話して修理依頼する方法ですね。

電話をすると音声ガイダンスが流れますガイダンスに沿って進んでいくと5~10分ほどで人が出てきます。そこでiphoneのシリアルNo製造番号を聞かれるの伝えて下さい。ただどうしてもわからない場合は素直にそう言えばOKです。iPhon4Sまでのモデルであれば、本体側面にあるSIMトレーを抜くとトレーに小さく製造番号が書いてあります。次に名前や電話番号などを聞かれます。そして現在の状況を聞かれますので正直に答えて下さい。簡単な対象方法を案内されると思いますがそれでも治らない場合に修理対応となります。

 

正規サービスプロバイダ持込、AppleStore持込では在庫次第で即日~、おおよそ2~3日以内で修理ができます。その他エクスプレス交換サービスなら土日祝祭日を除く約3営業日で配達予定ですし、オンライン修理交換サービス依頼、電話口での修理交換サービス依頼だと修理まで集荷~製品配達までで約1週間程度時間が掛かる事もあります。

近くにAppleStoreがあるのであれば持ち込みをオススメします。AppleStoreへの持ち込みの場合は事前にGenius Bar予約ページかAppleテクニカルサポート窓口で来店予約を行う必要があります!オンライン修理交換サービスよりも迅速な対応が期待できるとの事です。予約完了にはパソコンのEメールアドレスまたはAppleIDが必要ですのでご注意ください。

 

その他の修理方法はiphone修理について②でご説明します。

 

Leave a Reply